塾講師の給与水準

sample

さて、気になるのがお給与ですが、年収ラボでの調べによると、年収360~390万円と一般的な収入となります。 給与体系は、月給制、年俸制、非常勤講師であれば時給制となります。 また、時給制の場合でも、集団制の小中学生対象の場合は時給2,000円くらいなのですが、 生徒や親御さんに人気がある、もしくは、受験生の学年を指導することができれば、 時給は倍に跳ね上がる場合もあるそうです。 個別指導制の場合はその半分くらいの時給となります。

しかし、前にも述べたように、集団授業の場合は、準備などに時間を取られますので、 実質のところは時給としては変わりないのかもしれません。 予備校講師においても、年収ラボによると、小中学校の塾講師とさほど差はありません。 しかし、こちらも同様に、人気のある講師は年収が平均の倍以上になることもあります。 最近では、コメンテーターなどでテレビ出演する講師もいますので、副業を得られるとしたら、 もっと高い年収になるでしょう。

また、塾講師の継続性ですが、講師として現場に出るのは比較的若い層、30代がピークかもしれません。 40代50代となると、大手塾などは管理職の立場となってきます。 管理職の立場になれば当然現場講師の時間は減ってくるでしょう。 現役を貫くのが理想であるならば個人塾の職場を選択しましょう。