まずはアルバイトから

sample

塾講師になるのには特別な資格は必要ありません。 教員免許を持ちつつ、塾講師をされている方も多いですが、基本的には必要はありません。 塾講師の入り口としては、まず学生アルバイトから入る場合が多いようです。 当然ながら、基礎学力は必要となってきますので、大学卒業程度の学歴は必要となってくるでしょう。 予備校を除く塾講師の講師は、だいたい、学生アルバイトをしている時に面白くなり、そのまま就職というパターンが多いようです。 予備校講師の場合は、小中高生対象の塾講師を経てから予備校講師となる場合が多いようです。

予備校講師になると、有名大学受験の場合は、それなりの学歴は問われますし、 採用時に塾講師としての経験年数が重視されることが多いのです。 ここで注意して欲しいのは、基本的に学習塾業界は、企業としてはブラック的な所が多いということです。 面接時などは条件等基本的に疑ってかかりましょう。

また、個別授業と集団授業の2形態がありますが、集団授業の方が、 学力が異なった者を同時に教えなければならず、個別授業よりは難しく感じられるでしょう。 また、集団授業の場合は授業の準備に思った以上に時間を費やすことになります。 いきなり集団授業の自信がないのであれば、個別指導塾の講師として出発するのが良いかもしれません。