塾講師の役割とは

sample

塾の講師になりたいと思うからには、塾講師と学校の教師の違いを知っておかなければなりません。 学校とはあくまでも小社会を学ぶ場所です。 集団生活の方法を身につけ、協調性を身につける。 また、基礎学力を習得する場でもあります。 一方塾とは、学校で学んだものの補修的な意味合いのあるもの。 もしくは学校で教わる基礎学力をさらに応用させた学力を身につける場所でもあります。 一般的に世間で言われる塾は、応用学力を身につける、または受験対策の場所であることが多いでしょう。

ただ、間違えてはいけないことは、塾講師はただ、受験や問題を解くテクニックを教えるだけの教師ではないということです。 特に、対受験となると、塾講師の役割は大きなものとなります。 基本的に進学校でない限りは、学校の教師は受験の対策を行ってくれません。 また、中学受験となると尚更です。 学校によっては中学受験をする生徒は教師から鼻つまみ者扱いされることもあるのです。 塾講師は受験に向けての生徒のメンタル強化を行い、生徒と受験に対する共感をしなければなりません。

そして、大切なことは、合格という一つの目標に向かって共に戦っているという一体感を持たせることです。 クラス制の塾であれば、クラス全体で、個人塾であれば二人で共に、頑張るということです。 生徒にとっては人生の分岐点であり、普通のメンタルでは一人で立ち向かうのは困難なのです。 塾講師は、勉強のテクニックを教えるだけでなく、受験時の生徒のやる気やメンタルケアに大きな役割があるのです。